文書への署名/捺印

文書への署名方法 - 署名者ガイド
ここでは、DocuSignで文書を開いて署名する方法について説明します。まず、署名プロセスの概要について説明します。より詳しい説明については、各手順のリンク先のトピックを参照してください。
Singpassで署名する - 署名者ガイド
署名者がシンガポール市民であるかSingpassのNational Digital Identity(NDI)の使用者である場合、NDIによるデジタル署名を使用できます。この場合、コンピューター上のDocuSign eSignature WebアプリとSingpassモバイルアプリを切り替えながら操作する必要があります。
itsmeで署名する - 署名者ガイド
署名者がitsmeから発行されるベルギーのデジタルIDの使用者である場合、そのデジタルIDを使用して安全性の高いQualified Electronic Signature(QES)の署名を使用できます。
そのほかの署名アクション - 署名者ガイド
DocuSign eSignatureには、いくつかの署名オプションが用意されています。
DocuSign Simplified Sending(シンプルな送信機能)について: ビデオ
DocuSign Simplified Sending(シンプルな送信機能)についての一連のビデオを参照してください。
概要 - DocuSign eSignature for Google Workspace
DocuSign eSignature for Google Workspaceを使用すると、Workspaceアプリ(Googleドライブ、Gmail、およびGoogleドキュメント)から簡単に文書に署名したり署名者に文書を送信したりできます。
セキュリティコードを使用した文書へのアクセス
33桁のセキュリティコードを使って文書にアクセスできます。
DocuSign ClickについてのQ&A
DocuSign Clickでは、受信者からの同意や承諾をシングルクリックで取り付けることができます。
署名するDocuSignエンベロープで修正が必要な場合
署名する文書の情報を変更するには
DocuSign Identify - 身分証明書による本人確認についてのQ&A
DocuSign Identifyでは、署名者に送信する契約文書に任意の本人確認方法を関連付けることができます。本人確認方法として身分証明書による本人確認機能(ID Verification)を使用すると、政府発行の公的身分証明書による署名者の本人確認を自動化できます。
同席での署名セッションを実行する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
署名者が同席して文書に署名する「同席での署名」セッションの手順です。
署名時の位置情報の記録を無効にするには
署名者が署名するときのWebブラウザー上に位置情報の共有や追跡についての確認メッセージが表示されないようにします。keywords: 位置情報, 場所, 地理的な情報, 署名
文書にコメントを追加する - 署名者ガイド
文書に署名するときにコメントを入力する方法について説明します。
DocuSign for iOSモバイルアプリで文書に署名して返送する(iPad、iPhone、iPod Touch)
iPad、iPhone、またはiPod Touchで文書に署名して返送する方法です。
DocuSignでの署名についてのFAQ
初めてDocuSignで署名する場合によく寄せられる質問について
エンベロープIDを確認するには
エンベロープID(文書ID)がどこに表示されるかについて説明します。
ID EvidenceについてのQ&A - DocuSign eSignatureユーザーガイド
ID Evidenceは身分証明書による本人確認機能(DocuSign ID Verification)の一部で、本人確認プロセスで収集された情報を管理します。
署名を変更できない場合 - 署名者ガイド
状況によっては、署名の変更が許可されない場合があります。署名を変更できない場合は、以下を確認してください。
文書に線画を追加する - 署名者ガイド
この描画機能では、文書上の特定の領域にフリーハンドの線画を追加するためのフィールドを使用します。
さらに表示