DocuSign Identify - 身分証明書による本人確認についてのQ&A

DocuSign Identifyおよび身分証明書による本人確認機能(ID Verification)について
DocuSign Identifyでは、署名者に送信する契約文書に任意の本人確認方法を関連付けることができます。本人確認方法として、DocuSignの「身分証明書による本人確認」機能(ID Verification)を使用すると、政府発行の公的身分証明書による署名者の本人確認を自動化できます。

 


ベストプラクティス

差出人
  • エンベロープの受信者名として、その受信者の身分証明書に記載されている氏名を正確に指定する必要があります。
 

署名者

  • 撮影した身分証明書が鮮明で光が反射していないことを確認します。また、身分証明書が撮影領域全体の80%以上を占めていることを確認します(身分証明書の向きは重要ではありません)。
  • 通常、ラップトップには解像度の低いカメラが内蔵されているため、モバイルデバイスで撮影することをお勧めします。この本人確認プロセスでは、SMSでリンクを送信したりQRコードを使用したりして、コンピューターからモバイルデバイスに簡単に切り替えることができます。このため、コンピューター上で文書を開くための本人確認を、スマートフォンの高解像度カメラで簡単に行うことができます。
管理者
  • 身分証明書による本人確認機能を有効にする方法については、DocuSignの営業担当者までお問い合わせください。

FAQ

現在、どの国の身分証明書を使用できますか?

運転免許証/パスポート/国発行の身分証
  • オーストラリア(運転免許証のみ)
  • ベルギー
  • カナダ
  • フランス
  • ドイツ
  • アイルランド
  • イタリア
  • メキシコ(投票カードのみ)
  • オランダ
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • スペイン
  • ルーマニア
  • イギリス
  • アメリカ合衆国

電子ID
  • デンマーク(NemID)
  • フィンランド(Finnish Trust)
  • オランダ(iDIN)
  • ノルウェー(BankID)
  • スウェーデン(BankID)
  • ベルギー(ITSME)

スマートカード
  • ベルギー
  • ブラジル(ICP)
  • エストニア
  • ドイツ
  • ラトビア
  • リトアニア
 

身分証明書の何が確認されるのですか?

以下の内容が確認されます。

  • 身分証明書の有効期限が切れていないこと。
  • 差出人が指定した受信者名と身分証明書に記載されている氏名が一致していること。
  • バーコードなどの機械読み取り部分の情報が身分証明書の記載内容と一致していること。
  • 正規の視覚特性/ホログラムが使用されていること。
  • フォントや字間が改変されている、パンチ穴が開けられているなど、身分証明書が改ざんされていないこと。
  • 政府機関のデータベースへの照会は行われません(通常オンラインでアクセスできないため)。
 

どのようなしくみで氏名の一致が確認されるのですか?

この機能では、差出人が指定した受信者名と身分証明書に記載されている氏名が検証されます。差出人により追加の情報が指定されている場合は、それらの情報が身分証明書に記載されているかどうかが確認されます。

身分証明書による本人確認機能のユースケースは?
  • 金融サービス: 口座開設、リースおよびファイナンス業務、ローン、電信送金
  • 保険: 保険契約
  • 人事: 社内規定の電子配信、新人研修文書
  • 法務/弁護士: 顧客登録、機密保持契約(NDA)、役員会議録
  • 医薬: 患者記入書類、臨床試験書類、GxP契約書
  • サービス: 作業明細書(SOW)、承諾書
 

身分証明書の情報は保持されますか?

いいえ。現在、身分証明書の情報は本人確認処理にのみ使用され、保持されることはありません。

詳細情報