エンベロープの送信

DocuSignで送信するエンベロープをSalesforceに関連付けるには
DocuSign eSignature Webアプリケーションから送信するエンベロープを自分のSalesforceレコードに関連付けます。
バージョンを確認するには- DocuSign eSignature
DocuSign eSignatureかDocuSign Simplified Sendingを区別する方法について説明します。DocuSign eSignature製品を使用するユーザーのニーズは多種多様であるため、2種類のユーザーインターフェイスが用意されています。
DocuSignでハイパーリンクを作成するには
署名が不要な法的開示や利用規約などの文書を受信者に提供するには、通常の文書とは別に補足文書としてエンベロープに追加することをお勧めします。
非表示の[テキスト]フィールド - DocuSign eSignatureユーザーガイド
[テキスト]フィールドにクレジットカード番号などの機密性の高い情報を入力させる場合は、その情報がほかの受信者に表示されたり最終版の文書PDF上に保存されたりすることを防ぐ必要があります。[テキスト]フィールドに入力された情報を非表示にしても、差出人はその情報をエンベロープフォームデータとして取得できます。
フィールドデータを含めてエンベロープをコピーする - DocuSign eSignatureユーザーガイド
[フィールドデータを含めてコピー]オプションを使用すると、署名者による入力データを保持したままエンベロープが複製されます。
DocuSign Identify - 身分証明書による本人確認についてのQ&A
DocuSign Identifyでは、署名者に送信する契約文書に任意の本人確認方法を関連付けることができます。本人確認方法として身分証明書による本人確認機能(ID Verification)を使用すると、政府発行の公的身分証明書による署名者の本人確認を自動化できます。
[署名日]フィールドの日時に太平洋タイムゾーンが適用される
エンベロープの[署名日]フィールドにそのエンベロープの履歴や完了証明書と異なるタイムゾーンが適用される理由について説明します。
エンベロープの有効期限を延長するには
エンベロープを修正して有効期限を延長する方法について説明します。
エンベロープ送信時の一般的な問題
サブスクライブするDocuSignプランによっては、送信できるエンベロープ数が制限されています。
DocuSign eSignature for Salesforce - 一括送信を開始してSalesforceレコードを更新するには
DocuSignの一括送信機能を使用してエンベロープを一括送信して、その進捗をSalesforce.comの特定のレコードページで確認できるようにする方法について説明します。
受信者を追加したり編集したりする - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
文書の送信先を指定したりほかの受信者タイプをエンベロープに追加したりする方法です。
差し込みフィールドを設定したカスタムフィールドを追加する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
Salesforceの項目に関連付けた差し込みフィールドは、標準的なDocuSignフィールドと同様の手順で文書上に追加できます。
エンベロープに文書を追加する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
送信する文書をエンベロープに追加する方法です。
文書を確認して送信する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
エンベロープの内容を確認して送信する方法です。
Salesforceオブジェクトを選択する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
DocuSign eSignature for Salesforceでは、Salesforceオブジェクト(取引先、取引先責任者、商談、契約、ケース、およびそのほかの標準およびカスタムオブジェクト)を介して文書を管理します。
Salesforceモバイルアプリで文書を送信する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
Salesforceレコードに添付した文書をSalesforceモバイルアプリからDocuSignの機能を使って署名者に送信できます。
一括送信機能と標準ベースの署名(SBS) - DocuSign eSignatureユーザーガイド
一括送信機能は標準ベースの署名(SBS)をサポートしています。SBSを使用するアカウントでは、一括送信リストで署名タイプを指定することができます。
DocuSign Simplified Sending ユーザーガイド
DocuSign Simplified Sending では、DocuSignエンベロープを送信するときの手順がさらに簡素化されています。このガイドでは、DocuSign Simplified Sending の使用方法について説明します。
条件付きルーティング - DocuSign eSignatureユーザーガイド
条件付きルーティングは、新しい「高度な受信者ルーティング」機能スイートの一部としてリリースされる最初の機能です。この機能スイートでは、電子署名プロセスの自動化支援が提供されます。条件付きルーティング機能により、エンベロープ上に入力されたデータに基づいて異なる受信者にそのエンベロープを送信(ルーティング)できるようになります。
DocuSign Simplified Sendingの概要についてのビデオ
DocuSign Simplified Sendingインターフェイスを紹介するビデオです。署名や捺印が必要な文書を簡単な手順で送信できます。
さらに表示