エンベロープの送信

エンベロープの有効期限とは
エンベロープの有効期限およびその警告メール送信は、エンベロープの送信日に基づいて発生します。また、日数の計算には差出人アカウントのタイムゾーンが適用されます。厳密な時刻が反映されるものではありませんが、エンベロープの送信日の午前0時が基準になります。 
エンベロープの件名やメール本文に一括受信者の名前が自動的に入力されるようにするには
一括送信機能を使ってエンベロープを送信する場合、各受信者への通知メールの件名やメッセージ内に受信者名を入力する方法について説明します。
DocuSign Identify - 身分証明書による本人確認についてのQ&A
DocuSign Identifyでは、署名者に送信する契約文書に任意の本人確認方法を関連付けることができます。本人確認方法として身分証明書による本人確認機能(ID Verification)を使用すると、政府発行の公的身分証明書による署名者の本人確認を自動化できます。
[署名日]フィールドの日時に太平洋タイムゾーンが適用される
エンベロープの[署名日]フィールドにそのエンベロープの履歴や完了証明書と異なるタイムゾーンが適用される理由について説明します。
署名にフレームが付かない
文書上に追加した署名の周囲にフレームが表示されない場合は、そのエンベロープがDocuSignモバイルアプリから送信されたものであるか、差出人のアカウント設定でフレームの追加が無効になっています。
ビデオ: DocuSign Simplified Sending(シンプルな送信機能)の概要
DocuSign Simplified Sending(シンプルな送信機能)の使用方法についてのビデオです。署名や捺印が必要な文書を簡単な手順で送信できます。
最高レベルの信頼性を提供する適格電子署名を依頼する - DocuSign eSignatureユーザーガイド
Qualified Electronic Signature(適格電子署名。QES)による署名を依頼するには、アカウント全体でいずれかのQES署名タイプ(DS EU Qualified with in-person ID check、IDnow - EU Qualified、署名者所有のEEU Qualified)が許可さ...
エンベロープのカーボンコピー受信者を設定する - DocuSign eSignatureユーザーガイド
署名が不要な受信者に契約書をエンベロープで送信する場合は、その受信者に[文書のコピーを受信]アクションを割り当てます。このアクションが割り当てられた受信者は、契約書の表示、ダウンロード、および印刷はできますが、署名やそのほかのアクションは実行できません。
一括送信アクションを管理する - DocuSign eSignatureユーザーガイド
[管理]タブの[一括送信]セクションでは、エンベロープの一括送信を管理できます。
署名の委任 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
DocuSign eSignatureを使用すれば、どこにいても迅速に文書に署名できます。ただし、DocuSignエンベロープの受信箱を常に確認できるとは限りません。このような場合は、ほかのユーザーを自分の署名代行者として設定しておくことができます。署名の委任機能を使用すると、署名者の外出中や、何らかの理由で署名できない場...
受信者認証 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
文書の個々の受信者に対して、本人確認のための認証方法を設定できます。
「Send email on behalf of - SEOBO」機能の終了
「Send email on behalf of - SEOBO」機能のサポート終了について
DocuSign eWitness機能についてのQ&A
DocuSign eWitness機能では、署名者が最大で2人の署名立会人(Witness)を指定して、署名の法的有効性および機密性を保持できます。立会人の情報は完了証明書に記録されるため、法的紛争の発生時などに正式な記録として提示することができます。
DfSエラー: DocuSignへのアクセスが付与されているかどうかを確認してください
DfS 7.0.2で、[DocuSign管理]タブをクリックしたり文書を送信したりするとエラーが発生する。
一括送信機能: バージョン2に移行するには
高度な送信機能である一括送信(Bulk Send)では、同じエンベロープを多くの受信者に同時に送信できます。この機能はバージョン2(v2)にアップデートされており、従来のバージョン(v1)は使用できなくなります。ここでは、一括送信機能のv1からv2への移行方法について説明します。
DocuSign eSignature for Salesforce - 差し込みフィールドによるライトバック機能とDocuSign Connectを使用する場合のベストプラクティス
差し込みフィールドによるライトバック(書き戻し)機能とDocuSign Connectを使用する場合のベストプラクティス
DocuSignモバイルアプリのオフライン署名機能でサポートされるフィールドとプロパティ
ここでは、DocuSignモバイルアプリを使用した文書へのオフライン署名でサポートされるフィールドおよびそのプロパティについて説明します。
DocuSign for iOSでの高度なオフライン署名
高度なオフライン署名機能では、iOSデバイス上にダウンロードしたエンベロープにオフラインで署名することができます。
DocuSignモバイルアプリのオフライン署名用エンベロープを準備する
DocuSign for Android、DocuSign for iOS、DocuSign for Windows Phoneで同席でのオフライン署名用のエンベロープを作成して送信する場合は、以下の手順を実行します。
はじめに - DocuSign for Slack
DocuSign for Slackを使用すると、DocuSign eSignatureからの通知を自分のSlackアカウントで受信できるようになります。また、Slackを離れることなく、エンベロープを送信したり、テンプレートを使用したり、自分のDocuSignアカウントを管理したりできます。また、Slackに添付された文...
通知を管理する - DocuSign for Slack
Slackに表示されるDocuSign通知
エンベロープを送信する - DocuSign for Slack
Slackからエンベロープを送信する
テンプレートを使用する - DocuSign for Slack
SlackからDocuSignテンプレートを使用する
さらに表示