エンベロープの送信

ID Verification機能 - 身分証明書による本人確認についてのQ&A
DocuSign Identifyでは、署名者に送信する契約文書に任意の本人確認方法を関連付けることができます。本人確認方法として身分証明書による本人確認機能(ID Verification)を使用すると、政府発行の公的身分証明書やeIDによる署名者の本人確認を自動化できます。
身分証明書による本人確認機能でサポートされる国/地域
ID Verification機能で使用できる身分証明書のリスト
バージョンを確認するには- DocuSign eSignature
DocuSign eSignatureかDocuSign Simplified Sendingを区別する方法について説明します。DocuSign eSignature製品を使用するユーザーのニーズは多種多様であるため、2種類のユーザーインターフェイスが用意されています。
一括送信機能: バージョン2に移行するには
高度な送信機能である一括送信(Bulk Send)では、同じエンベロープを多くの受信者に同時に送信できます。この機能はバージョン2(v2)にアップデートされており、従来のバージョン(v1)は使用できなくなります。ここでは、一括送信機能のv1からv2への移行方法について説明します。
DocuSign eWitness機能についてのQ&A
DocuSign eWitness機能では、署名者が最大で2人の署名立会人(Witness)を指定して、署名の法的有効性および機密性を保持できます。立会人の情報は完了証明書に記録されるため、法的紛争の発生時などに正式な記録として提示することができます。
リマインダーの設定が反映されない
エンベロープのリマインダーおよび有効期限の設定がどのように適用されるのかについて説明します。また、正しく機能しない場合のトラブルシューティングについて説明します。
メーリングリスト - DocuSign CLM
[連絡先]ページの[メーリングリスト]タブでは、特定のユーザーグループにDocuSign CLMメールを一括送信するための配布グループを作成できます。
電子公証人サービスの要求 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
米国の一部の州では、DocuSign eNotary機能を使用できます。この機能では、DocuSign電子署名トランザクション内で公証人(ノータリーパブリック)による署名の認証が可能になります。
概要 - DocuSign eSignature for Google Workspace
DocuSign eSignature for Google Workspaceを使用すると、Workspaceアプリ(Googleドライブ、Gmail、およびGoogleドキュメント)から簡単に文書に署名したり署名者に文書を送信したりできます。
(Legacy) 差し込みフィールドを設定したカスタムフィールドを追加する - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
Salesforceの項目に関連付けた差し込みフィールドは、標準的なDocuSignフィールドと同様の手順で文書上に追加できます。
(Legacy) 受信者を追加したり編集したりする - DocuSign eSignature for Salesforce v7 ユーザーガイド
文書の送信先を指定したりほかの受信者タイプをエンベロープに追加したりする方法です。
「Send email on behalf of - SEOBO」機能の終了
「Send email on behalf of - SEOBO」機能のサポート終了について
エンベロープを効率的に送信するためのアップデート
エンベロープをより効率的に送信できるように、エンベロープを作成するときの画面に2つの軽微なアップデートが加えられます。
さらに表示