エンベロープの送信

DocuSign eSignature for Salesforce - 差し込みフィールドによるライトバック機能とDocuSign Connectを使用する場合のベストプラクティス
差し込みフィールドによるライトバック(書き戻し)機能とDocuSign Connectを使用する場合のベストプラクティス
DocuSignで送信するエンベロープをSalesforceに関連付けるには
DocuSign eSignature Webアプリケーションから送信するエンベロープを自分のSalesforceレコードに関連付けます。
DocuSign eSignature for Salesforce - 一括送信を開始してSalesforceレコードを更新するには
eSignatureの一括送信機能を使用してエンベロープを一括送信して、その進捗をSalesforce.comの特定のレコードページで確認できるようにする方法について説明します。
条件付きルーティングについて - DocuSign eSignatureユーザーガイド
条件付きルーティングは、新しい「高度な受信者ルーティング」機能スイートの一部としてリリースされる最初の機能です。
DocuSign Identify - 身分証明書による本人確認についてのQ&A
DocuSign Identifyでは、署名者に送信する契約文書に任意の本人確認方法を関連付けることができます。本人確認方法として身分証明書による本人確認機能(ID Verification)を使用すると、政府発行の公的身分証明書による署名者の本人確認を自動化できます。
DocuSignアプリケーションランチャー: 差し込みフィールドにDocuSignエンベロープのデータが反映されず、Salesforce側に書き戻しされない
DocuSignアプリケーションランチャー: 差し込みフィールドにDocuSignエンベロープのデータが反映されず、Salesforce側に書き戻しされない
エンベロープの有効期限とは
エンベロープの有効期限およびその警告メール送信は、エンベロープの送信日に基づいて発生します。また、日数の計算には差出人アカウントのタイムゾーンが適用されます。厳密な時刻が反映されるものではありませんが、エンベロープの送信日の午前0時が基準になります。 
エンベロープの送信後にステータスが「エラー」になる
エンベロープのステータスが「エラー」になる場合
DocuSignでハイパーリンクを作成するには
署名が不要な法的開示や利用規約などの文書を受信者に提供するには、通常の文書とは別に補足文書としてエンベロープに追加することをお勧めします。
エンベロープIDを確認するには
エンベロープID(文書ID)がどこに表示されるかについて説明します。
条件付きルーティングとPowerForm - DocuSign eSignatureユーザーガイド
PowerFormで条件付きルーティング機能を使用できます。PowerFormを使用すると、未知の広範囲な対象者を署名者として想定したフォームを作成して配布できます。さらに条件付きルーティング機能を使用すると、特定の条件に従って適切な受信者にフォームが自動的に送信されるようになります。
入力したデータがほかのフィールドに複製される - 同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製機能を使用する
同一エンベロープ内、または同一文書上に同じデータラベルが設定された複数のフィールドがある場合、「同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製機能」の設定に応じて入力データがそれらのすべてのフィールドに自動的に複製されます。
DocuSign eWitness機能についてのQ&A
DocuSign eWitness機能では、署名者が最大で2人の署名立会人(Witness)を指定して、署名の法的有効性および機密性を保持できます。立会人の情報は完了証明書に記録されるため、法的紛争の発生時などに正式な記録として提示することができます。
DocuSignからの通知メールが転送された場合
署名者がエンベロープへのリンクをほかのユーザーと共有した場合の問題と解決方法について説明します。
テンプレートを使用するには - DocuSign for Slack
SlackからDocuSignテンプレートを使用する
エンベロープを送信するには - DocuSign for Slack
Slackからエンベロープを送信する
通知を管理するには - DocuSign for Slack
Slackに表示されるDocuSign通知
さらに表示