テンプレートの使用
共有テンプレートの使用 - ユーザーガイド
自分で作成したテンプレートとは別に、ほかのユーザーがテンプレートを共有している場合があります。テンプレートは2つの方法で共有でき、直接共有先を指定したり、共有テンプレートフォルダーを使用したりできます。
テンプレートを見つける - ユーザーガイド
[テンプレート]タブには、自分で作成したり自分に共有されていたりするすべてのテンプレートが表示されます。条件を指定して検索したりフォルダー内を参照したりして目的のテンプレートを見つけることができます。
重複した受信者の統合 - ユーザーガイド
たとえば、1つのエンベロープで使用する2つのテンプレートの両方で、最初の署名者として「賃借人」という役割が指定されている場合は、重複している「賃借人」役割を統合します。これにより、実際の賃貸人が文書を2回受信することを防ぐことができます。
エンベロープに文書を追加する - ユーザーガイド
受信者に内容の確認と署名や捺印を依頼するための文書のファイルをアップロードします。ローカルコンピューターまたはクラウドストレージプロバイダー(Googleドライブなど)にあるファイルを追加できます。
テンプレートやそのフィールドに対する変更を制限する - ユーザーガイド
作成したテンプレートをほかの差出人が使用して文書を送信するときに、そのテンプレートを変更できないように保護することができます。
テンプレートを共有する - ユーザーガイド
テンプレートを共有すると、同じアカウントのほかのユーザーやユーザーグループがそのテンプレートを使って文書を送信できるようになります。
テンプレートを作成する - ユーザーガイド
新規テンプレートの作成と既存のテンプレートの複製について。
テンプレートを使用する - ユーザーガイド
類似した文書を頻繁に送信したり、文書を特定の受信者グループに繰り返し送信したりする場合は、テンプレートを使用すると便利です。
テンプレートフォルダー - ユーザーガイド
テンプレートフォルダーを使用して、テンプレートをグループ化して管理できます。
テンプレートについての設定 - ユーザーガイド
DocuSignでは、テンプレートを作成して作業の効率をさらに高めることができます。テンプレートは、同じ操作を繰り返すほとんどのDocuSignワークフローで使用できます。
テンプレートパスワードの追加、変更、または削除 - ユーザーガイド
テンプレートをパスワードで保護して編集を制限できます。
テンプレートIDを確認する - ユーザーガイド
テンプレートIDは、テンプレートの一意の識別子です。DocuSign APIを使用するAPI開発者は、この識別子を使用してテンプレートを操作できます。
テンプレートマッチングの動作設定 - ユーザーガイド
テンプレートの作成者やDocuSign管理者が、テンプレートごとに異なるマッチング動作を設定できるようになりました。テンプレートマッチング機能を使用すると、テンプレートに設定されている受信者、メッセージ、およびフィールドを自動的に適用して、文書をすばやく準備できるようになります。
テンプレートの自動マッチングを管理する - ユーザーガイド
テンプレートの自動マッチングのしくみ、設定、ページ単位でのテンプレートマッチング
テンプレートをダウンロードしてアップロードする - ユーザーガイド
テンプレートをダウンロードおよびアップロードする機能は、テンプレートをほかの場所に移動する場合に使用できます。ダウンロード機能とアップロード機能を使用して、ユーザー間、アカウント間、またはDocuSign環境間でテンプレートをコピーできます。
テンプレートとしての保存 - ユーザーガイド
DocuSignで作成したエンベロープをテンプレートとして保存できます。この機能では、受信者に送信済みのエンベロープやドラフト状態のエンベロープをテンプレートとして保存できます。
複数の受信者への一括送信 - ユーザーガイド
新しくなった一括送信機能では、複数の受信者、より多くの受信者タイプ、およびエンベロープカスタムフィールドがサポートされます。
文書にテンプレートを適用する - ユーザーガイド
アップロードした文書に既存のテンプレート(自分で作成したものおよび共有されているもの)を適用することができます。アップロード済みの文書に、特定のテンプレートで指定されている受信者、メッセージ、およびフィールドが適用されます。
エンベロープIDを確認するには
エンベロープID(文書ID)がどこに表示されるかについて説明します。