PowerFormとテンプレートの違い

 PowerFormテンプレート
目的PowerFormを作成すると、プログラミングコードを記述することなく、署名者が自分で署名プロセスを開始できる「セルフサービス型」のエンベロープを作成できます。PowerFormでは、そのエンベロープにアクセスするための一意でセキュアなURLを署名者に提供します。署名者は、そのURLを使ってエンベロープにアクセスして文書を開き、署名/捺印を行います。類似した文書を頻繁に送信したり、文書を特定の受信者グループに繰り返し送信したりする場合は、テンプレートを使用すると便利です。
メリット
  • PowerFormを使用すると、DocuSignアカウントからエンベロープを送信しなくてもDocuSignトランザクションを作成できます。PowerFormのURLは、既存のWebサイト上に埋め込んだり、メールで署名者に送信したりできます。
  • 署名者は、必要に応じてPowerFormにアクセスして署名/捺印できます。差出人には、未知の署名者を想定してPowerFormを作成して文書を配布できるというメリットがあります。
  • 保存済みのテンプレートを使用して、新しいエンベロープの作成を開始できます。テンプレートに定義されているすべての項目が、新しいエンベロープに適用および追加されます。
  • 新しいエンベロープを作成するときに、テンプレートをそのまま使用したり、必要に応じて文書の追加、フィールドの変更、受信者の追加、メッセージの追加と変更などを行ったりできます。
制限事項
  • Business Proプランが必要です。
  • PowerFormを作成するには、PowerFormを管理するための権限が必要です。
  • 署名順の最初の受信者はPowerForm URLからPowerFormにアクセスして署名プロセスを開始し、ほかの受信者は通知メールから署名プロセスを開始します。
  • PowerFormでは、署名者と進行役が対面して署名セッションを行う「同席での署名」機能がサポートされません。これは、署名者と同席する進行役(署名ホスト)にDocuSignアカウントが必要であるのに対して、PowerFormの署名者はDocuSignアカウントを持っている必要がないためです。
  • 通常、コラボレーションフィールドは使用しません。コラボレーションフィールドを使用すると、文書に対する変更について署名者が交渉できるようになります。メール検証を有効にせずに配布するPowerFormでは、すべての署名者による承認が必要なコラボレーションフィールドが正しく動作しません。
  • 文書の表示条件機能はサポートされません。
  • すべてのプランで使用できます。
ユースケース例 — イベントの参加登録
毎年恒例のカンファレンスの準備を行っています。このカンファレンスには、製品に興味を持つ人であればだれでも参加できます。だれが参加するか事前にわからないため、参加登録申請書をPowerFormで作成し、そのURLを会社のWebサイト上に埋め込みます。参加希望者はそのWebサイトにアクセスして、PowerFormのURLをクリックしてサインアップします。登録期間の終了後、PowerFormで収集されたすべてのデータをCSVファイルとしてダウンロードします。このファイルを参照して参加者を把握し、カンファレンスのプランニングに役立てることができます。
例 —
「文書の表示条件」機能では、送信したエンベロープに含まれる複数の文書ファイルについて受信者のアクセスを個別に制御できます。この機能を有効にすると、受信者は自分用のフィールドが配置されている文書のみを表示できるようになります。ほかの受信者用のフィールドが配置されている文書に自分用のフィールドが配置されていない場合、その文書を表示することはできません。

詳細情報