PowerFormの使用
PowerForm完了時にリダイレクトされるURLを設定するには
PowerFormを使用する署名者を独自のランディングページにリダイレクトできます。ここでは、その設定方法について説明します。
PowerFormを編集する - ユーザーガイド
既存のPowerFormを編集すると、それ以降そのPowerFormを使用するユーザーに変更が反映されます。
WebページにPowerFormを埋め込む - ユーザーガイド
PowerFormのURLを使用して、既存のWebページ上にリンクとしてPowerFormを埋め込むことができます。
PowerFormを配信する - ユーザーガイド
PowerFormを作成すると、そのPowerFormにアクセスするための固有なURLが生成されます。このURLを受信者にメールで送信したり、既存のWebページ内に埋め込んだりして、PowerFormを受信者に配信します。
Web PowerFormのカスタムフィールドに情報を自動入力する - ユーザーガイド
PowerFormのURLをカスタマイズして、そのPowerFormから生成される文書のフィールドにさまざまな情報を自動入力できます。
PowerFormを作成する - ユーザーガイド
既存のテンプレートをPowerFormとして有効にすることでPowerFormが作成されます。
PowerFormの使用 - ユーザーガイド
PowerFormでは、その文書にアクセスするための一意でセキュアなURLを署名者に提供します。署名者は、そのURLを使って文書にアクセスして署名を行います。PowerFormを使用すると、DocuSignアカウントから文書を送信しなくてもDocuSignトランザクションを作成できます