同席での公証

公証人と同席して署名する - 署名者ガイド
DocuSign eNotaryは、対面での電子公証(IPEN: in-person electronic notarization)ソリューションです。この機能では、公証人が契約の電子署名に同席する立会人の役割を果たすことができます。
DocuSign eNotary機能についての関連資料: 電子公証人機能がサポートされる州と参照資料 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
DocuSignで電子公証人機能がサポートされる州と、この機能に関するそのほかの資料についても説明します。
電子公証人サービスの要求 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
米国の一部の州では、DocuSign eNotary機能を使用できます。この機能では、DocuSign電子署名トランザクション内で公証人(ノータリーパブリック)による署名の認証が可能になります。
公証人のためのガイド: 電子的に文書の公証を行うには - DocuSign eSignatureユーザーガイド
サポートされている管轄州の公証人は、DocuSign eNotary機能を使って電子的に文書を公証できます。ここでは、公証人がDocuSignアカウントをセットアップするときの要件と電子公証人セッションを実行する手順について説明します。