デジタル署名

デジタル証明書ベースの署名による契約・合意プロセスのセキュリティの向上
デジタル証明書により本人の同一性が確認され、高度に安全な電子署名である「デジタル署名」を作成できるようになります。より厳格な業界規制が適用される状況や特定の国におけるトランザクション、および行政機関などでは、デジタル証明書ベースの署名が必要になる場合があります。ここでは、デジタル証明書の入手方法と、デジタル署名の使用方法に...
eシールの適用 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
DocuSignのeシール機能を使用すると、文書の発行元や信頼性を保証することができます。たとえば、会社が契約書にeシールを適用して、それを署名者に送信します。
一括送信機能と標準ベースの署名(SBS) - DocuSign eSignatureユーザーガイド
一括送信機能は標準ベースの署名(SBS)をサポートしています。SBSを使用するアカウントでは、一括送信リストで署名タイプを指定することができます。
標準ベースの署名機能 - 「少なくとも1つの署名に問題があります」というメッセージが表示される
完了した文書のPDFファイルを開いたときに「少なくとも1つの署名に問題があります」というメッセージが表示されることがあります。
デジタル証明書を使用した送信 - DocuSign eSignatureユーザーガイド
DocuSignのSBS(Standards Based Signature)プラットフォームでは、デジタル証明書の使用がサポートされています。デジタル証明書を使用してエンベロープを送信すると、高度な同一性確認により文書トランザクションのセキュリティが向上します。