DocuSign 文書への署名/捺印
文書への署名方法 - 署名者ガイド
ここでは、DocuSignで文書を開いて署名する方法について説明します。まず、署名プロセスの概要について説明します。より詳しい説明については、各手順のリンク先のトピックを参照してください。
その他のアクション - 署名者ガイド
ここでは、文書に署名するときに選択できるさまざまなアクションについて説明します。
署名の変更 - 署名者ガイド
差出人により入力されていた名前に誤字が含まれていたり、夫婦で共有しているメールアドレス宛てにエンベロープが送信されたりした場合は、実際の署名者の名前に合わせて署名を変更できます。
AES/QESのDocuSign ID Verification機能で使用できる身分証明書 - ユーザーガイド
DocuSign製品で使用できる欧州発行の身分証明書のリストです。
DocuSignでの署名についてのFAQ
初めてDocuSignで署名する場合によく寄せられる質問について
署名の辞退 - 署名者ガイド
文書の内容を確認した後で、必要に応じて署名を辞退することができます。文書への署名を辞退するとその文書を含んでいるエンベロープ自体が無効になり、自分を含むすべての受信者がそのエンベロープにアクセスできなくなります。
DocuSignで文書に署名するには
DocuSignでは、文書に簡単に署名できます。
添付資料の追加 - 署名者ガイド
文書上に添付資料のフィールドが配置されている場合は、署名時に適切な資料をアップロードするかFAXで送信する必要があります。 添付資料のフィールドをクリックすると、添付資料の追加方法を選択するためのダイアログボックスが開きます。
自由形式の署名の使用 - 署名者ガイド
「自由形式の署名」とは、差出人がフィールドを追加せずに送信した文書に対する署名を指します。この形式の署名では、署名者が文書を開くと、文書上に配置可能なフィールドのリストがページの左側に表示されます。このリストには、[署名]や[イニシャル]フィールドなど、署名者が文書上に配置できるさまざまなフィールドが表示されます。
署名を完了する - 署名者ガイド
すべての必須フィールドに情報を入力し、署名やイニシャルを記入すると、Webブラウザーウィンドウの下部に[完了]ボタンが表示されます。
文書のマークアップ - ユーザーガイド
文書マークアップ機能は、任意の文書で有効にできる高度な送信オプションで、DocuSignワークフロー内で受信者が文書に対する変更について提案できるようになります。
署名が完了した文書にさらに署名を追加する - ユーザーガイド
文書への署名が完了した後で、ほかの署名者を追加したり署名済みの受信者に追加情報の入力を依頼したりするには、新しいエンベロープを作成する必要があります。
自分で文書に署名する - ユーザーガイド
文書に自分で署名して、必要に応じてほかの人にその文書のコピーを送信できます。
文書に署名する - ユーザーガイド
自分の署名が必要な文書([署名が必要]ステータス)に署名するには。
文書に対する質問やその回答をコメントとして入力する - 署名者ガイド
署名する文書について不明な点や同意できない文言がある場合は、その文書にコメントを投稿するとすばやく回答を得ることができます。
コメントの表示 - 署名者ガイド
DocuSignのコメント機能を使用すると、エンベロープの署名者や差出人が文書に対する質問やコメントを投稿できるようになります。
署名するときのシステム要件 - 署名者ガイド
DocuSignは、現在のほとんどのコンピューターで正しく動作します。ここでは、DocuSignで文書に署名するために必要な最小システム要件について説明します。
印刷して署名するオプションの選択 - 署名者ガイド
電子署名の代わりに、紙の文書にペンで署名することもできます。これを行うには、[印刷して署名する]オプションを選択して、文書を印刷してそれに署名し、スキャンしてアップロードするかFAXで送信します。
補足文書付き文書への署名 - 署名者ガイド
署名する文書に補足文書が添付されていることがあります。
同席での署名 - ユーザーガイド
署名者と直接面会できる状況では、「同席での署名」機能を使用して署名プロセスを簡略化できます。
DocuSignが位置情報の共有を確認する理由
位置情報の共有はブラウザー関連の設定項目であり、必須条件ではありません。DocuSignでは、位置情報を共有しなくても文書に署名できます。位置情報の共有は必要ありません。
さらに表示