入力したデータがほかのフィールドに複製される - 同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製機能を使用する

同一エンベロープ内、または同一文書上に同じデータラベルが設定された複数のフィールドがある場合、「同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製機能」の設定に応じて入力データがそれらのすべてのフィールドに自動的に複製されます。エンベロープの送信時や文書への署名時にフィールドがリンクされている場合(同一エンベロープ内の1つのフィールドへの入力内容が自動的にほかのフィールドに適用される場合)、同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製機能が使用されています。

同じタイプのフィールドに同一のデータラベルを設定すると、それらのフィールドデータがリンクされます。この場合、差出人が文書やテンプレートを作成したり、署名者が文書に署名したりするときに、リンクされたいずれかのフィールドへの入力内容が、同じデータラベルのすべてのフィールドに自動的に入力されます。この動作は、アカウントの[データ入力範囲]設定によって制御されます。この設定では、入力データの複製を、エンベロープに追加した個々の文書内のみに制限したり、エンベロープのすべての文書に適用したりできます。

デフォルトでは、そのエンベロープのすべての文書が複製範囲として適用されます。この設定を変更するには、eSignature管理画面の[送信設定]ページで、[同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製]オプションを使用します。

注: 使用している請求プランによっては、この設定を表示したり変更したりできない場合があります。この設定を変更するには、以下の手順に従います。

  • 差出人ユーザーの場合は、eSignature管理者に設定の変更を依頼します。
  • eSignature管理者の場合は、eSignature管理画面の[送信設定]ページでチェックボックスをオンまたはオフにします。このチェックボックスが表示されない場合は、[サポートへのお問い合わせ]ページでサポートケースを作成してください。

エンベロープのデータラベルを変更するには:

  1. 新しいエンベロープを作成するか、既存のものを修正します。
  2. フィールドの追加画面を開き、新しいフィールドを追加するか、既存のものを選択します。文書の右側にフィールドのプロパティパネルが開きます。
  3. 複数のフィールドが関連付けられている場合、[データラベル]セクションにその情報が表示されます。
    Data Population - Sending

複数のフィールドをリンクさせるには、それらのフィールドの[データラベル]に同一文字列を入力します。データラベルでは大文字と小文字が区別されます。

フィールド間のリンクを解除するには、異なるデータラベルを入力します。3つ以上のフィールドのリンクを解除する場合は、各フィールドに固有のデータラベルを入力する必要があります。

考慮事項

  • [同一データラベルを持つフィールド内の情報の自動複製]設定が適用されるフィールドタイプは、[チェックボックス]、[会社名]、[テキスト]、[ドロップダウン]、[名前]、[メモ]、および[役職]です。
  • この機能が有効になっている場合、無効にすることはできません。入力データがほかのフィールドに複製されるのを防ぐには、エンベロープ内のすべてのフィールドに固有のデータラベルを設定してください。
  • アカウントレベルの設定である自動複製範囲には、以下のいずれかを指定できます。
個々の文書でのみ複製する: 単一文書上の同一データラベルのフィールドにのみ適用されます。
または
エンベロープのすべての文書で複製する: エンベロープ内のすべての文書上で同一データラベルを持つすべてのフィールドに適用されます。
  • 自動複製の範囲を単一ページに限定することはできません。
  • 読み取り専用のフィールドには自動複製されません。入力データが複製されるようにするには、そのフィールドの[読み取り専用]チェックボックスをオフにする必要があります([読み取り専用]をオンにすると文書上にそのフィールドが表示されなくなります)。
  • 署名時に、意図しないフィールドに入力データが自動複製される場合は、そのエンベロープの差出人に問い合わせてください。差出人は、エンベロープの修正機能を使用してフィールドのデータラベルを編集し、データが複製されなくなるようにします。

ユースケース

自動複製機能を使用すると、署名時のデータ入力が効率化します。また、フィールドへの誤入力を避けることもできます。通常、署名者の住所や電話番号の情報がすべての該当フィールドに自動的に複製されるようにします。これにより、同じ情報を複数入力する手間を省くことができます。

リソース

フィールドのプロパティ
送信設定