使用できる受信者認証について

文書の個々の受信者に対して、本人確認のための認証方法を設定できます。各受信者は、文書を開くときに認証に成功する必要があります。各受信者に設定できる認証方法は1つのみです。

DocuSignでは、以下の認証方法を使用できます。

  • アクセスコード: 受信者は、文書とは別の手段で受け取ったコードを入力して認証を受けます。
  • 電話認証: 受信者は、特定の電話番号への発信に応答して認証コードを口頭で告げる必要があります。詳細...
  • SMS: 受信者は、指定した電話番号へのSMSテキストメッセージで受け取ったコードを入力して認証を受けます。
  • 知識ベース: 知識ベース認証(KBA)では、受信者が自分に関する特定の質問に回答する必要があります。この回答は、公開されているデータ(現在と以前の住所など)と一致していなければなりません。
  • 身分証明書による本人確認: 政府発行の身分証明書や欧州電子ID(eID)を使用して本人確認を行います。詳細...。

注: 電話認証、SMS、知識ベース、および身分証明書による本人確認では、使用料金が発生します。詳しくは、アカウント管理者に問い合わせてください。

詳細情報

受信者の認証 - DocuSign eSignatureユーザーガイド