**Legacy** DocuSign eSignature for Salesforce - DocuSign eSignature for Salesforceのアップグレード

概要

DocuSign eSignature for Salesforceの古いバージョン(6.9またはそれ以前)を最新のバージョンにアップグレードするときに、エラーが発生する場合があります。
正しくアップグレードするには、以下のいずれかの方法を使用してください。
  1. このトピックで提供されるリンクを使用して、互換性のあるバージョンにアップグレードする。
  2. DocuSign eSignature for Salesforceをアンインストールし、このトピックから最新バージョンをインストールする。
注: 上記方法1を推奨しますが、DocuSign eSignature for Salesforceインテグレーションをまだ使用していない場合、またはSalesforce組織に保存されているDocuSignデータを保持する必要がない場合は方法2の方が簡単です。DocuSign eSignature for Salesforceをアンインストールすべきかアップグレードすべきか判断できない場合は、サポート担当者に問い合わせて最適な方法を使用してください。

互換バージョンにアップグレードするには

以下のリンクを使って順次アップグレードします。現在インストールされているバージョンに応じて、正しい順序でアップグレードする必要があります。
たとえば、バージョン3.11がインストールされている場合は、すべてのリンクを使用する必要があります(5.6から6.4.5、次に6.4.5から6.7.2、さらに6.8.2へなど)。 インストールされているDocuSign eSignature for Salesforceのバージョンが7.0の場合のみ、このトピックから最新バージョンにアップグレードできます。
注: DocuSign eSignature for Salesforceのバージョン7以降では、JavaScriptベースのカスタムボタンがサポートされていません。すべてのJavaScriptボタンをURLFOR形式に変換する必要があります。7以降のバージョンにアップグレードする前に、バージョン6.9.4上でJavaScriptカスタムボタンをURLFOR形式に変換してください。バージョン6.9.4では、両方の形式のカスタムボタンがサポートされています。変換方法について詳しくは、このトピック を参照してください。

まずSalesforceサンドボックス環境で上記アップグレードプロセスをテストすることを強くお勧めします。サンドボックス環境でこれらのリンクを使用する場合は、URLを「https://test.salesforce.com」に変更してください。

インストールされているDocuSign eSignature for Salesforceのバージョンがわからない場合は、Salesforceの[設定]>[インストール済みパッケージ]を確認してください。
[インストール済みパッケージ]ページでは、DocuSign eSignature for Salesforceの行の[バージョン番号]列にバージョン番号が表示されます。
User-added image
注: 上記リンクは、インストール済みのDocuSign eSignature for Salesforceインテグレーションを最新バージョンにアップグレードするためのものです。これらのリンクを使ってそのバージョンを新規にインストールすることは避けてください。最新バージョンをインストールすることで、Salesforceでのセキュリティ要件が満たされ、以前のバージョンで発生する問題を回避できます。