Google Chromeでのログインの問題: 資格情報のキャッシュ

問題

Google ChromeでDocuSignにログインできない

考えられる原因

ログインの資格情報がキャッシュされている。
ブラウザーのプラグインが競合している。
ブラウザーの自動入力機能により古い資格情報が使用されている。
 
解決方法

ほかのブラウザーでDocuSignにログインできるのにChromeでできない場合は、資格情報がキャッシュされているかアドオンが競合していることが考えられます。
 
アドオンを無効にしてChromeを起動するには
  1. Google Chromeを起動します。
  2. 右上の[︙](設定)アイコンをクリックします。
  3. [新しいシークレットウィンドウ]を選択します。

User-added image
 
これにより、アドオンが無効なChromeウィンドウが開きます(WindowsではWindowsキー + Rを押して「chrome –incognito」を実行することでもシークレットウィンドウを開くことができます)。

 
User-added image

シークレットウィンドウでログインの問題が解決されない場合は、DocuSignの資格情報がChromeに保存されていることが考えられます。
 
Google Chromeに保存された資格情報を編集または削除するには
  1. Chromeを起動します。
  2. [︙](設定)アイコンをクリックして[設定]を選択します。
 
User-added image
  1. ページの下部までスクロールして、[詳細設定]をクリックします。
User-added image
  1. [パスワードとフォーム]セクションの[パスワードを管理]をクリックします。
User-added image
 
  1. 接続先のDocuSignサーバーを見つけて、右端のメニューから[削除]を選択します。これにより、保存されていたパスワードが削除されます。
    たとえば、DocuSignのデモサイトにログインできない場合は「demo.docusign.net」、na2サイトにログインできない場合は「na2.docusign.net」のパスワードを削除します。