DocuSign Simplified Sendingの概要についてのビデオ

ここでは、DocuSign Simplified Sendingインターフェイスを使って文書を署名者に送信する手順を説明します。

ステップ1: [今すぐ開始]をクリックします。

ステップ2: 送信するファイルを選択します。署名や捺印、または情報の記入が必要な文書をドラッグ&ドロップで指定できます。または、[アップロード]をクリックしてローカルドライブ上の文書ファイルを選択したり、右側のドロップダウン矢印をクリックしてクラウドストレージ上のファイルを指定したりできます。

ステップ3: 署名や捺印を行う受信者を指定します。受信者を追加します。ここでは、必要に応じて複数の送信先(「受信者」と呼びます)を指定できます。文書への署名や捺印が必要な受信者には、[署名が必要]アクションを指定します。文書を受け取るだけの受信者(署名/捺印が不要な受信者)には、ドロップダウンリストから[文書のコピーを受信]アクションを選択します。

ステップ4: 署名/捺印や情報の記入に必要なフィールドを文書上に配置します。これらのフィールドは、対象の受信者ごとに配置する必要があります。画面左側のパレットには、標準的なフィールドが表示されます。フィールドを配置するには、このパレットからフィールドを文書上にドラッグ&ドロップします。ほかの受信者用のフィールドを配置するときは、画面左上のドロップダウンリストから対象の受信者を選択します。

User-added image

ステップ6: 確認して送信します。件名およびメッセージの内容を確認して、文書を送信します。
画面右側の[オプション]タブでは、受信者の権限、リマインダー、および有効期限を設定できます。すべての内容を確認したら、[送信]をクリックします。文書への署名/捺印が完了すると、その文書のコピーが差出人(自分)および受信者に送信されます。

User-added image