一括送信エンベロープの管理

[管理]タブに追加された[一括送信]セクションでは、一括送信機能で送信されたエンベロープを管理できます。 [一括送信]セクションには一括送信アクションのリストが表示され、特定のアクションを選択してその操作で送信したエンベロープを個別に操作できます。

[一括送信]セクションには、新しいバージョン(v2)の一括送信機能のアクションのみが表示されます。

変更前とアップデート後

以下の図は、新しい[一括送信]セクションを示しています。

一括送信アクションのリスト

 

 

一括送信アクションの詳細リスト

[一括送信]セクションのリストで実行できるアクション

ここでは、[一括送信]セクションの各リストで実行できるタスクについて説明します。

  1. 一括送信アクションのリスト:
    • アカウントから送信されたすべての一括アクションの一覧を表示する。
    • 一括アクション全体のステータスと各一括送信の進行状況を確認する。
    • 一括送信で発生したエラーを確認する。
    • 一括送信アクションで送信されたすべてのエンベロープの一覧を表示する。
  2. 一括送信アクションの詳細リスト:
    • 特定の一括アクションで送信されたエンベロープの一覧を表示する。
    • エラーを検索して修正する。
    • 特定の一括アクションで送信されたエンベロープを個別に管理する: 転送、ダウンロード、修正、再送信など
    • 一括アクションIDをコピーする。
    • 一括アクション名を変更する。

注: これらのリストで最新のステータスや進行状況を確認するには、ページの表示を更新する必要があります。

変更時期

新しい[一括送信]セクションのロールアウトは9月上旬に開始され、月末に完了する予定です。デモ環境および実稼働環境でのロールアウトスケジュールについては、下記を参照してください。

  • デモアカウントへのロールアウト
  • 9月7日: デモ環境の5%のアカウント
  • 9月9日: デモ環境の25%のアカウント
  • 9月14日: デモ環境の50%のアカウント
  • 9月16日: デモ環境のすべてのアカウント
  • 実稼働アカウントへのロールアウト
  • 9月20日: 実稼働環境の5%のアカウント
  • 9月22日: 実稼働環境の25%のアカウント
  • 9月27日: 実稼働環境の50%のアカウント
  • 9月29日: 実稼働環境のすべてのアカウント

 

FAQ

一括送信のエンベロープをフォルダーに移動できますか?

いいえ。[一括送信]セクションのエンベロープをほかのフォルダーに移動することはできません。

一括送信のエンベロープは[送信]フォルダーに表示されますか?

はい。 現在の一括送信機能と同様に、一括アクションで送信されたエンベロープは[送信]フォルダーに表示されます。[一括送信]セクションでは、一括送信エンベロープがアクションごとにグループ化されるため、より効率的に管理でき、エラーを簡単に識別できます。

 

変更に備えるには

 

新しい画面への移行をスムーズに行うために、デモ環境または実稼働環境がアップデートされた後に以下の手順を行うことをお勧めします。

  1. 一括送信エンベロープの検索と処理に依存するワークフローやテストプロセスをテストおよび更新します。
  2. 一括送信エンベロープの管理に関する既存の社内文書をレビューして、必要に応じて更新します。

関連情報