DocuSignアカウントに登録されている自分のメールアドレスを更新するには

問題

DocuSignアカウントのメールアドレスを変更したい。

原因

以下から該当するシナリオを選択してください。


DocuSignアカウントにまだログインできる

DocuSignアカウントにログインできる場合は、「メールアドレスを変更する」の手順に従ってください。注: DocuSignアカウントのメールアドレスを変更するために、変更前のメールアドレスにアクセスする必要はありません。新しいメールアドレスへのアクセスを確認する必要がありますが、変更前のメールアドレスにはメールアドレスが変更されたことを示す通知メールだけが送信されます。


メールアドレスが正しく変更されない

メールアドレスを変更する場合は、「メールアドレスを変更する」の手順に従う必要があります。メールアドレスが正しく変更されない場合、DocuSignアカウントにログインした状態になっていないかどうかを確認してください。通知メールでメールアドレスの変更を確認する前に、DocuSignアカウントからログアウトする必要があります


メールアドレスの変更時に「このセキュリティ情報はすでに登録されています」というメッセージが表示される

ログイン用メールアドレスは、アカウントの回復に使用するメールアドレスと異なっている必要があります。変更後のメールアドレスが、アカウント回復用のメールアドレスと同じである場合、このエラーメッセージが表示されます。アカウント回復用のメールアドレスを確認するには、[マイプロフィール][プライバシーとセキュリティ]ページを開きます。


DocuSignアカウントにログインできないが、変更前のメールアドレス宛てのメールを受信できる

この手順には2つのステップがあります。

  1. 変更前のメールアドレスにアクセスできるが、DocuSignアカウントにアクセスできない場合は、パスワードのリセット手順に従って、DocuSignアカウントに再びアクセスできるようにします。
  2. ログインできるようになったら、「メールアドレスを変更する」の手順に従ってメールアドレスを更新します。

DocuSignアカウントにログインできず、変更前のメールアドレス宛てのメールも受信できない

セキュリティ上の理由から、パスワードリセット用のメールはアカウントのメールアドレス宛てに送信されます。

  • 一時的なアクセス: 可能な場合は、変更前のメールアドレスへの一時的なアクセスを要求してください。変更前のメールアドレスが勤務先のメールアドレスの場合は、そのIT部署が対応できることがあります。勤務先のメールアドレスまたはドメインの管理者には、プロファイルをクローズして同じメールアドレスで新しいプロファイルを作成する権限があるので、変更前のメールアカウントにアクセスできるかもしれません。この場合、管理者がそのメールアドレスの受信トレイにアクセスして、DocuSignからのパスワードリセットメールを受信できます。パスワードのリセットが完了したら、DocuSignアカウントにログインして、「メールアドレスを変更する」の手順に従ってメールアドレスを更新します。
  • 管理者による支援: 「ユーザーのメールアドレスの変更を管理するには」を参照して、DocuSign管理者に連絡します。

いずれの手順でも解決しない場合は、DocuSignサポートでケースを追加して、ほかにどのようなオプションがあるかを確認してください。

重要: DocuSignサポートが実行できる解決策は、変更前のメールアドレスがパブリックメールドメイン(hotmail.com、gmail.com、outlook.com、Charter.netなど)と勤務先のメールドメインのどちらであるかにより異なります。勤務先のメールアドレスの場合、アカウント管理者と協力してアドレスを変更できます。

  • 変更前のメールアドレスがパブリックメールドメインのアドレスの場合、DocuSignサポートはそのアカウントへのアクセスの要求を支援できません。DocuSignではプライバシーとセキュリティを重視しています。メールアドレスはDocuSign IDの重要な要素であるため、本人確認を実行せずにメールアドレスの変更を許可すると、アカウント情報が悪意のある第三者に漏洩する可能性があります。メールアドレスの受信トレイにアクセスできない場合、ユーザーの本人確認は、ユーザーの代わりにドメイン所有者に変更を承認してもらうことでのみ可能です。勤務先のメールアドレスの場合、通常IT部門の担当者がこれを実行できます。パブリックメールドメインの場合、安全な本人確認の方法がありません。
  • DocuSignアカウントにまだアクセスできる場合には、ユーザープロフィールでメールアドレスを変更できます。
  • DocuSignアカウントにアクセスできず、メールアドレスにはアクセスできる場合は、ログイン時にパスワードのリセットを選択して、アカウントにアクセスできるようにします。この作業が完了したら、ユーザープロフィールでメールアドレスを変更できます。
  • メールアドレスにもDocuSignアカウントにもアクセスできない場合は、新しいアカウントを作成する必要があります。https://www.docusign.com/esignature/sign-documents-freeで新しいDocuSign eSignatureアカウントを無料で作成できます。

送信済みのエンベロープがアカウントに表示されない

メールアドレスを変更しても、アカウントの既存のエンベロープに変更が加えられることはありません。変更前のメールアドレスで送信または受信したすべてのエンベロープに引き続きアクセスできます。送信したばかりの新しいエンベロープについての通知は、新しいメールアドレスに送信されます。

新しいメールアドレスでエンベロープを受信できるようにするには、エンベロープの差出人に新しいメールアドレスを通知しておく必要があります。変更前のメールアドレスにエンベロープが送信された場合、そのメールアカウントにアクセスできるのであれば、文書を表示して署名/捺印することができます。ただし、アカウントのメールアドレスが変更済みであるため、それらのエンベロープは自分のアカウントに表示されません。