DocuSignエンベロープの無効化についてのFAQ

だれがエンベロープを無効化できますか

すべての差出人は、自分が送信した「処理中」ステータスのエンベロープを無効化できます。

どのような場合にエンベロープを無効化するのですか

エンベロープの内容、署名者、ルーティング順序を修正できない場合は、そのエンベロープを無効化できます。

エンベロープを無効化すると、署名者にはどのように表示されますか

署名者には、文書が無効になったという内容のメールが送信されます。このメールには、エンベロープの無効化理由を追加することができます。

無効化した文書に署名者がアクセスできないのはなぜですか

無効化したときにすでに文書に署名を済ませていた署名者は、無効化後もその文書にアクセスできます。この場合、文書上に大きく「VOID」という透かし文字が表示されます。無効化したときにまだ署名を済ませていない署名者は、その文書にアクセスできなくなります。

エンベロープの複数の署名者のうち一部が署名済みの場合、そのエンベロープを無効化できますか

エンベロープのステータスが「処理中」の場合はいつでも無効化できます。