電子署名とデジタル署名

「電子署名(eSignature)」は、電子的な形態を持つ署名の総称で、すべての電子的な署名がこのカテゴリーに含まれます。一方の「デジタル署名」は特定のテクノロジーが実装された電子署名であり、これも電子署名の1つです。

組織によっては、電子文書ベースのトランザクションにおいて個人の意図を表明するプロセスを「電子署名」と呼び、電子署名のメタデータで使用される暗号化技術を「デジタル署名」と呼ぶ場合もあります。この場合、電子署名は法的に有効な記録であり、デジタル署名は文書トランザクションの信頼性を検証するためのテクノロジーです。

通常、電子署名とそのテクノロジーは、その国や地域の目的や基盤技術、法的および文化的な要件に基づいて異なります。そこで、電子署名の条件や意義を国際的に標準化するための規則が制定されました。たとえば、eIDASは欧州市場向けの電子署名に関するEU規則です。

DocuSignのStandards Based Signature(SBS)は、各地域および業界の標準に準拠したDocuSignのすべてのeSignature機能を提供するDocuSignプラットフォームの中核機能です。この機能は、堅固なキャリアグレードのアベイラビリティと同様に、すべてのDocuSignアプリケーションおよびインテグレーションで使用できるプラットフォーム機能です。DocuSign Standards-Based Signatureでは、Express Signature、EU Advanced Signature、およびEU Qualified Signatureという欧州で重要な3つの電子署名が提供されます。

文書に電子的に署名するプロセスを指す場合、「電子署名」または「eSignature」という語を使用することをお勧めします。「デジタル署名」という語は、特にデジタル証明書テクノロジーに基づいた電子署名について言及する場合に使用します。

デジタル署名についての参考資料:
https://www.docusign.com/how-it-works/electronic-signature/digital-signature/digital-signature-faq