**Legacy** DocuSign eSignature for Salesforce - 差し込みフィールドで取引先名を自動的に挿入するには

使用するもの: 差し込みフィールド

商談レコードからエンベロープに取引先名を自動的に挿入する

Salesforceの商談レコードから文書を送信するときに、適切な取引先名が自動的に挿入されるように設定できます。
まず、カスタムフィールドを作成します。
  1. force.comのアプリドロップダウンリストで[DocuSign eSignature for Salesforce]を選択します。
  2. [DocuSign管理]タブをクリックします。
  3. [カスタムフィールド]をクリックします。共有されているものを含む、すべてのカスタムフィールドが表示されます。
  4. [新規]をクリックします。
  5. [カスタムフィールドの名前]ボックスに「Opportunity Account Name」と入力します。
  6. [Salesforceにフィールドを関連付ける]チェックボックスをオンにします。Salesforceオブジェクトのリストが表示されます。
  7. Salesforceオブジェクトのドロップダウンリストから、文書の送信元オブジェクトを選択します。この例では、商談(Opportunity)を選択します。
  8. 文書上に適用する商談情報を選択します。この例では、取引先名として[Account]を選択し、さらに[Account Name]を選択します。 User-added image
注: 最初のドロップダウンは、このカスタムフィールドの送信元です。この例は、商談(Opportunity)オブジェクトから送信されるエンベロープのみに適用されます。Contact(取引先責任者)オブジェクトから送信されるエンベロープのAccount Name(取引先名)の差し込みフィールドをセットアップする場合は、別のカスタムフィールドを作成して、最初のドロップダウンでContact(取引先責任者)を選択する必要があります。
次に、セットアップしたカスタムフィールドをテストします。
  1. 商談(Opportunity)を選択します。
  2. [DocuSignで送信(Send with DocuSign)]ボタンをクリックします。
  3. 文書および受信者が追加されていることを確認して、[次へ]をクリックします。
  4. [カスタム]をクリックします。カスタムフィールドのリストが表示されます。
  5. 文書上にフィールドをドラッグ&ドロップします。[テキスト]フィールドにSalesforceの値が自動的に入力されます。
User-added image


差し込みフィールドを使用する場合は、以下の点を考慮してください。
1. カスタムフィールドの名前は、関連付けられたデータを反映したものである必要があります。これにより、適切なフィールドを文書上に配置できるようになります。
2. 正しく動作していたフィールドに問題が発生した場合は、DocuSign Connectの設定を確認してください。DocuSign eSignature for Salesforceの設定が変更されると、差し込みフィールドの動作に影響することがあります。


上記の手順は、約4分間のビデオで参照することもできます。