Data Protection Addendum for DocuSign Signature

EU一般データ保護規則(GDPR: General Data Protection Regulation)は、2018年5月25日にヨーロッパで施行されたデータ保護に関する法律です。 GDPRは、今日のクラウドやソーシャルメディアなどのテクノロジーで作成および処理される個人情報に対するプライバシー保護標準を強化することを目的としています。

GDPRおよび個人情報の管理やその文書化に対する要件により、組織が個人情報を扱う場合の責任について規定しています。GDPRでは、透明性の向上やデータ主体(個人情報で特定される個人など)による選択についても強調されています。

Data Protection Addendum for DocuSign Signature(以下「DPA」)は、EU一般データ保護規則(GDPR: General Data Protection Regulation)の下でユーザーやその関連会社に代わって「処理者」としてDocuSignが行う個人データの処理に適用されます。このDPAは、DocuSignが「管理者」として扱う個人情報には適用されません。

自分のアカウントで使用できるオプションについて詳しくは、カスタマーサポートにお問い合わせください。

詳細情報