デモ環境から実稼働環境への移行時に確認が必要なアカウント設定

DocuSignのデモまたはサンドボックス環境でアカウントの変更を行った後でその内容を実稼働環境に移行する場合、いくつかの考慮事項があります。

ここでは、自動的に移行されないアカウント設定について説明します。これらの設定を変更していない場合でも、両環境でアカウント設定が同一になっていることを確認してください。

 

 

まず、デモ環境および実稼働環境のアカウントを異なるWebブラウザー(FirefoxとChrome、またはChromeのシークレットモードのウィンドウなど)開き、両環境で設定が同じであることを確認します。

ブランド設定

  1. DocuSignアカウントページ上部の[設定]タブをクリックします。
  2. [アカウント]セクションの[ブランド設定]をクリックします。
  3. デモ環境の設定を実稼働環境に複製します。
詳細情報

署名と送信の設定

  1. DocuSignアカウントページ上部の[設定]タブをクリックします。
  2. [署名と送信]セクションのすべての設定内容を確認します。
  3. デモ環境の設定を実稼働環境に複製します。
詳細情報

インテグレーション設定

  1. DocuSignアカウントページ上部の[設定]タブをクリックします。
  2. [インテグレーション]セクションのすべての設定内容を確認します。
  3. デモ環境の設定を実稼働環境に複製します。

詳細情報


レポート

DocuSignアカウントページ上部の[レポート]タブをクリックします。デモ環境で作成済みのレポートを実稼働環境に複製します。

詳細情報

    テンプレート

    1. DocuSignアカウントページ上部の[テンプレート]タブをクリックします。
    2. 移行するテンプレートを選択します。
    3. [その他]をクリックして[ダウンロード]を選択します。
    4. 実稼働環境で[テンプレート]タブをクリックします。
    5. [新規]をクリックして[テンプレートのアップロード]を選択します。さらに、デモ環境からダウンロードした個々のテンプレートまたは複数テンプレートのZIPファイルを指定します。
    詳細情報

    ユーザーとグループ

    1. DocuSignアカウントページ上部の[設定]タブをクリックします。
    2. [ユーザーとグループ]セクションのすべての設定内容を確認します。
    3. [権限プロファイル]および[グループ]の設定を確認し、その後でユーザー一括追加機能を使用してユーザーを移行します。
    詳細情報