DocuSign Eラーニング - 自分のペースで学習できる文書の署名、送信、そして管理

DocuSignによる署名、文書の送信、および管理のためのコース

ビジネスの成功には適切なトレーニング、リソース、およびスキルが重要です。DocuSignユニバーシティには、5〜20分で完了できる、DocuSignの署名者、文書の差出人、および管理者向けのトレーニングコースが用意されています。必要に応じて、以下の学習プランに取り組んだり、特定のトピックを選択して開始したりできます。

YouTube再生リストでは、基本的な署名機能、認証方法、およびそのほかの署名者アクションについて学習できます。

以下のトピックが含まれています。署名の選択、署名フィールドの使用([署名]フィールドと[イニシャル]フィールド、[承認]フィールドと[辞退]フィールド、ラジオボタンやチェックボックスのフィールド、支払フィールドなど)、電子文書を印刷して署名、Advanced Electronic Signature(AES: 高度電子署名)とQualified Electronic Signature(QES: 適格電子署名)。

この学習プランには、エンベロープの送信と管理、プロフィール情報の更新、モバイルデバイスでの送信などのコースが含まれています。

以下のトピックが含まれています。DocuSignアカウントの紹介、エンベロープの送信(文書と受信者の追加、メッセージの設定、詳細オプションとフィールドなど)、送信したエンベロープの管理(再送信、修正、コピーの作成、無効化など)、プロフィール情報の更新、モバイルデバイスでのエンベロープ作成と送信。

DocuSign eSignatureの機能やオプションについてさらに理解を深めるには、「Customize eSignature Sending Options」プランの学習をお勧めします。

eSignatureワークフローを開発したりカスタマイズしたりする場合は、「Establish Your eSignature Process」 プランの学習をお勧めします。
この学習プランには、アカウントとグループの管理、一括アクション機能、ブランド設定、レポート機能、インテグレーション、およびセキュリティなどのコースが含まれています。

以下のトピックが含まれています。アカウント設定の確認、ユーザーの管理、権限プロファイルとユーザーグループ、ユーザーの一括での追加と更新、DocuSignアカウントのブランド設定、署名設定と送信設定、監査ツールとレポートツール、エンベロープの共有、受信者認証の設定、セキュリティ設定、およびインテグレーション。

DocuSignユニバーシティのLearning Labシリーズにも、新しいトピックが定期的に追加されています。ここでも、DocuSign製品についてのオンラインコースを受講できます。60分間の無料ワークショップにサインアップできます。DocuSignユニバーシティのラーニングポータルにログインして、「Webinar(ウェビナー)」を検索してください。

DocuSignユニバーシティの各コースにアクセスするには、DocuSignアカウントのメールアドレスおよびパスワードを入力してログオンしてください。DocuSignアカウントを持っていない場合は、ローカルのアカウントを作成できます。
DocuSignユニバーシティにログインするには